お顔のエクササイズ

2014年08月22日

こんにちは!
馬橋伊藤歯科です!

ほうれい線やお顔のたるみが気になると言う方は、特に女性に多いと
思います。
かく言う私もその1人です…

加齢によるものたがらしかたない、と諦めがちですが、エクササイズによって改善されるかもしれません。

皮膚科の先生に
「シワを作らない為にはお顔を動かさないこと。」
と言う先生がいますが、普段の生活で、笑わずに、口を動かして喋らずに過ごす事ってなかなか難しいですよね。

そんなサイボーグのような生活を過ごすなら、毎日楽しく笑って、怒って、お喋りして、ちょっとの時間にお顔のエクササイズをして、アンチエイジング出来たらいいな…と私は思います。

それに、お顔の筋肉も使わないと衰えていきますので、頬のたるみだけではなく、将来飲みこみが上手く出来ず嚥下障害を引き起こしたり、発音がしずらくなってしまう原因にもなってしまいます。

今日はとっても簡単に出来るお顔のエクササイズをご紹介します!

1、まず、唇を内側に巻き込んで閉じます。

image

2、空気を含んで頬っぺたを膨らませます。

image

空気を漏らさないように唇をキュッとつぼめて下さい。

これで数秒キープ。

なかなかキツイです。
途中で唇が疲れて息が漏れそうになってしまいます…。

もう一つ。

1、唇を前に突き出して、「うー」の口を作って下さい。

2、そのあとは口を横に引っ張るように「いー」の口。

image

これを繰り返します。
10回程で頬が疲れてきませんか?

このエクササイズをすると、口角が綺麗に上がるようになり、笑顔が素敵になりますよ。

私も診療中、こっそりマスクの下でやっています。
皆様も是非お試し下さい♫

お顔のエクササイズは先ほども書いたように、嚥下障害や発音障害の予防にもなります。

この他にもまだまだ種類がありますので、次回のブログでご紹介します。
お楽しみに!