審美歯科

審美歯科とは、虫歯や神経の治療、歯周病の治療など、通常の治療に「美しさ」と「機能」という視点をプラスした診療です。

inlay_silver

詰め物や被せ物の銀歯を白くしたい

虫歯や歯の根っこの治療などを行ったあと、保険診療で銀の詰め物や銀歯の被せ物をされている、もしくは今後されるかも知れません。

そこで、金属(銀の詰め物、銀歯)のメリット、デメリットや、保険適用外つまり自費診療になりますが、金属を使用しない白い詰め物、白い被せ物の種類や特徴をご案内します。

金属にされた方の不満

保険適用の金属を使った治療のメリットは、白いものという自費診療に比べて費用が安い、という点のみです。

デメリット

metalcore

●歯茎がやせたことで、金属のフレーム、金属のふちが見えてくる
●金属イオンの影響で歯茎が黒ずんでくる
●プラスチックの部分が変色、着色してくる
●歯の裏の金属部分が気になる

あと、金属アレルギーの問題があります。
金属イオンが溶け出してアレルギー反応が起こり、皮膚湿疹やかぶれなどの症状があります。

このようなことから、白い詰め物や白い被せ物に作り変える方が多くなってきています。

金属を使用しない白い詰め物、白い詰め物の種類

オールセラミック

セラミックとは、お茶碗と同じ陶器の素材です。

【特徴】

自分の歯に近い色やツヤを再現することが可能です。

しかし、すべてセラミックからなるため、歯ぎしりや食いしばりをする人は割れる可能性が高くなるので、奥歯よりも前歯にされる方が多いです。

また、強度を保つために、オールセラミックに一定の厚みが必要となりますので、自分の歯を削る量が多くなります。

sashiba_01  inlay_ceramic

ceramic_01

オールジルコニア

すべてジルコニア(人工ダイヤモンド)かからなる被せ物です。

【特徴】

素材のメーカによって異なりますが、2~7色の中から歯の色を選択しますので、歯の色によっては若干色浮きすることがあります。

すべてジルコニアで作られているため、金属に近い強度で破折の不安が少なく、歯の切削量を抑えることができます。

しかし、再治療が必要となったときに、取り外しに時間がかかることがあります。

inlay_ceramic

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックを混ぜた被せ物です。

【特徴】

自分の歯のような色調を再現できますが、プラスチックが混ざっていますので、経年的に艶がなくなったり、少しずつ変色したりすることがあります。

オールセラミッククラウンよりも割れにくいと言われていますが、極端に硬い物を噛んだときに割れることがあります。

金属を使用しない白い歯の中で、最も安い治療費で修復することできます。