口臭が気になる

file0001118290815「私のお口、臭ってる??」
1度口臭が気になると、人と話すのが嫌になったり、消極的になってしまいます。
口臭に悩んでいる方は、日本国内において一千万人とも二千万人ともいわれています。

口臭の原因はさまざまですが、90%以上お口の中に原因があると言われています。

 

口臭の考えられる原因と治療法

1、歯垢、歯石がある。

歯垢や歯石は細菌の塊です。お口の衛生状態が悪いと、歯垢や歯石がたまり、その細菌が出す揮発性ガスにより口臭がする様になります。
お口の環境を整える為、正しいブラッシング法を身につけるのと共に、歯科医院でのお口のクリーニングを受ける必要があります。
〜クリーニング〜

2、虫歯がある。

虫歯により歯質が溶けている部分は、虫歯菌に感染されています。細菌感染してしまった歯質を取り除くと口臭が改善される可能性があります。また、虫歯が大きくなると、歯の根の先に膿ができる事があり、その膿の匂いも口臭の原因になります。
虫歯治療をして原因を取り除く必要があります。
〜虫歯治療〜

3、歯周病になっている

歯垢や歯石が溜まり、そのまま放置してしまうと歯周病になってしまいます。
歯周病菌による揮発性ガスや、歯肉からの膿の匂いが口臭の原因となります。
歯周病治療をして歯肉の状態を改善させる必要があります。
〜歯周病治療〜

4、唾液の量がすくない

唾液には洗浄・殺菌作用があり、お口の細菌の増殖を防ぎ、口臭を抑える役割があります。
唾液の分泌が少なくなる原因は個人差があるので、その原因をつきとめ、唾液の量を増やす様にします。

5、詰め物、被せ物、入れ歯が合っていない

不適合な詰め物や被せ物があると、隙間に細菌が溜まってしまい、口臭の原因となります。

この様に、口臭は原因を調べ、治療する事により予防・改善が期待できます。

気になる事があれば、お話を聞かせて下さい。