歯がしみる

016
歯磨き中や、冷たいものを口に含んだ時に歯がしみるて痛む原因は、虫歯だけではなく知覚過敏の可能性も考えられます。

知覚過敏ってどんな病気??

知覚過敏とは、エナメル質の内側の象牙質が露出し、刺激が神経に伝わりやすくなっている状態のことをいいます。通常、歯の表面はエナメル質で覆われているので、刺激が直接神経に伝わることはありませんが、何らかの原因によってエナメル質が薄くなったり、エナメル質がない歯の根っこの部分が露出したりすることで知覚過敏が引き起こされると考えられています。

d_22
知覚過敏の原因として考えられることは??

・強過ぎるブラッシングや硬過ぎる歯ブラシの使用でエナメル質が削れている

・酸の強い飲食物(レモンなど)を多く摂ることで、エナメル質が薄くなっている

・歯周病で歯肉が下がり、歯の根の部分が露出してしまっている。

・不良な噛み合わせや、歯ぎしり、食いしばりにより、歯に割れ・欠け・摩耗(歯がすり減っている状態)が生じている

知覚過敏の治療法は??

知覚過敏の原因がさまざまあるように、その治療法もさまざまです。当院では、患者様のお口の状況や症状から知覚過敏の原因を判断し、最適と思われる治療法をご提案します。

1.患部への薬の塗布

象牙質が露出している部分に直接薬を塗布します。
刺激を神経に伝わりにくくすることで、症状を和らげます。
歯は、食事やブラッシングにより毎日刺激をうけるので、薬の塗布も繰り返し行う必要があります。

2.マウスピースの使用や噛み合わせの調整

知覚過敏の原因が、歯ぎしりや食いしばりなどである場合、無意識に起こる強い咬みしめから歯を守るため、就寝中にマウスピースを装着します。
マウスピースにより歯にかかる負担を分散させると共に、歯ぎしり自体の改善も期待できます。

3.歯周病の治療

知覚過敏の原因が歯周病である場合は、歯周病治療を行います。

ただし、歯周病治療の基本である歯石除去により、一時的に知覚過敏の症状ひどくなったりすることがあります。